セミナーインフォメーション

グローバル経営支援セミナー トルコ編

欧州とアジアの経済交流起点、トルコ経済の現状と投資対象としての魅力 -進出事例にみるM&A、JVの活用と留意点‐

【企画趣旨】
 欧州とアジアのビジネス交流における結節点として注目されるトルコは、人口約7500万人のうち約半数が29歳以下と、若年層を中心とした豊富な労働人口、購買力を有しており、今後の更なる経済成長が期待されています。背景には、EUに準拠した法整備、関税優位性の構築、周辺諸国(中東、アフリカ、アジアの各市場など)との貿易拡大に加え、ハブ拠点化を進めるなどエルドアン首相の強いリーダーシップのもと改革が進められてきたことなどがあります。

 そうした成長国トルコと日本政府、日本企業の関係は、安倍総理大臣の2度にわたるトルコ訪問、建設、インフラ、製造、金融、医療といった多岐にわたる経済交流、投資優遇策により一層強化されており、今後もより戦略的な友好関係が築かれるものと期待されています。

 本セミナーでは、「欧州とアジアの経済交流起点、トルコ経済の現状と投資対象としての魅力」と題し、トルコ経済の最新動向と投資環境、投資インセンティブ、M&A、JVを活用した進出事例、成功事例を考察し、トルコの将来性と日本企業の飛躍について検証してまいります。

【開催日】 
2月25日(火)  大阪   三菱東京UFJ 銀行 大阪東銀ビル 6階ホール
2月26日(水)  名古屋  名古屋銀行協会 201号会議室
2月27日(木)  東京   東京商工会議所ビル4階 東商ホール

開催内容

内容 13:30〜13:40 ご挨拶

13:40〜14:30 基調講演
          「トルコ経済の現状と投資環境について」
          トルコ三菱東京UFJ銀行 頭取
          山口 透氏

14:30〜15:00 講演1
          「当機関による支援の事例とトルコの投資奨励策」
          トルコ共和国首相府投資促進機関
          東京事務所 所長
          関 仁氏

15:00〜15:10 休憩(10分)

15:10〜15:50 講演2
          「トルコの会計・税務最新事情とM&A、JVの留意点」
          有限責任 あずさ監査法人 
          パートナー
          小宮 祐二氏

15:50〜16:30 講演3
          「トルコにおける事業展開−ジョイントベンチャー、M&Aを中心に」
          アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー 弁護士
          山神 理氏

16:30〜16:40 質疑応答 
日時 大阪 2月25日(火)、 名古屋 2月26日(水)、 東京 2月27日(木)  
会場

参加費 無料 
定員 大阪150名、名古屋120名、東京500名 
対象 本セミナーはトルコへの投資に関心のある製造業、小売、流通、卸売業などの企業経営者、経営企画部門、海外事業部門、国際部門、法務部門、財務部門のご担当者様を対象としております。 
主催
共催
三菱東京UFJ 銀行、トルコ共和国首相府投資促進機関、東洋経済新報社 
協賛
KPMG /あずさ監査法人、アンダーソン・毛利・友常法律事務所、S&P Capital IQ 
協力
 
後援
日本貿易振興機構(ジェトロ)、UNIDO-ITPO Tokyo(国連工業開発機関)、日本商工会議所(東京)、東京商工会議所(東京)、大阪商工会議所(大阪)、中部経済連合会(名古屋)、名古屋商工会議所(名古屋) 
備考  

山口 透
トルコ三菱東京UFJ銀行
頭取 
【プロフィール】
1984年大阪大学経済学部卒業後、三和銀行新宿支店入行。2005年三菱UFJ証券財務開発部副部長、
07年三菱東京UFJ銀行国際企画部次長、10年ミラノ支店長、11年在イタリア日本商工会議所会頭、
12年トルコ現地法人設立準備委員長を経て、現在に至る。
関 仁
トルコ共和国首相府投資促進機関
東京事務所 所長 
【プロフィール】
慶応義塾大学法学部卒業。(財)日本生産性本部米国事務所で同時通訳、同経営コンサルティング部、
アジア生産性機構(APO)総務財務官、国際連合工業開発機関東京事務所次長を経て現職。
玉川大学非常勤講師、(財)日本生産性本部認定経営コンサルタント。
小宮 祐二
有限責任 あずさ監査法人 
パートナー 
【プロフィール】
1998年12月朝日監査法人(現あずさ監査法人)東京事務所入所。2008年10月に
KPMGチェコ・プラハ事務所に赴任し、2011年7月よりトルコ兼務、2012年11月よりトルコ常勤、
2013年10月より現職。日本企業の海外事業展開にかかる各種アドバイザリー業務の提供およびサポート等
幅広い経験と実績を有する。執筆、講演実績多数。
山神 理
アンダーソン・毛利・友常法律事務所
パートナー 弁護士 
【プロフィール】
東京大学法学部卒業(1997年)、弁護士登録(1999年)
企業買収、経営統合、ジョイント・ベンチャー等M&A分野を中心とする案件に取り組む。
クロスボーダー案件の経験も多数。

お問合わせ

 東洋経済新報社 フォーラム事務局(担当:田邊)
03-3246-5599 
masao-tanabe@toyokeizai.co.jp