セミナーインフォメーション

オムニチャネル時代の物流センター戦略 −アパレル業界編−

  共催 野村総合研究所・東洋経済新報社、協賛 野村不動産

【企画趣旨】
 アパレル業界において、オムニチャネル・リテイリングに従来のアプローチで対応しようとすると、店舗物流とは別個に在庫拠点を設置し、さらにはECの各チャネル別の物流センターに在庫を分散配置しなければならないため、ライフサイクルの短いファッション商品を取り扱うには限界が出始めています。

 また、EC型の物流センター特有の機能(デジタル画像情報の修得、返品への効率的な対応他)などのこれまでにはなかった機能が物流拠点に必要となり、この点からも、オムニチャネル物流(EC・通販と店舗物流)を統合的に運用できる仕組みが必要とされています。
 
 このような背景に対して、問題意識を共有するとともに、先進的なケースやサービス、たとえば、アパレル物流拠点の機能や、物流拠点整備の不動産投資の側面からの新たなサービスなどをご紹介することにより、「オムニチャネル時代のアパレル物流センター戦略」の検討をサポートするセミナーを開催します。

開催内容

内容 【プログラム】
13:40〜14:25 基調講演
          「オムニチャネル・リテイリング戦略と物流機能高度化への要請」
          
          株式会社野村総合研究所
          主席研究員
          藤野 直明氏

14:25〜15:10 特別講演
          「丸井グループの「店舗・WEB・カード、三位一体」の物流戦略」

          株式会社丸井グループ 取締役
          株式会社ムービング 取締役社長
          若島 隆氏

15:10〜15:25 休憩

15:25〜16:05 事例講演1
          「オムニチャネルリテイリング戦略のロジスティクスとIT」
          
          株式会社フレームワークス 代表取締役社長
          モノプラス株式会社 代表取締役社長
          SCSホールディングス株式会社 代表取締役社長
          日本ロジスティクスシステム協会 能力開発委員
          日本ロジスティクスシステム協会 専門委員
          流通経済大学 客員講師
          秋葉 淳一氏

16:05〜16:45 事例講演2
          「アパレル物流に対応した新型物流拠点提供サービス」

          野村不動産株式会社
          物流施設事業部長
          山田 譲二氏

16:50〜18:00 交流会、意見交換会
          (講演者の皆様、来場者の皆様との交流、意見交換の場としてご活用ください)
          ※軽食とお飲み物をご用意しております。 
日時 2014年7月15日(火) 13:30〜18:00 開場 (13:00 受付開始) ※交流会、意見交換会16:50〜18:00  
会場

東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅(A9出口直結)徒歩1分
JR総武本線「新日本橋」駅(2番出口)徒歩3分
参加費 無料(事前登録制) ※本フォーラムは参加対象者を限定しております。協賛企業の競合社の方、講演企業の協業の方のご参加はお断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。 
定員 100名 
対象 アパレル、流通、小売業にて、物流戦略や物流拠点整備に関心のある、経営層の方々、ご担当者など ※ 対象外のお客様のお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。 
主催
 
共催
株式会社野村総合研究所、株式会社東洋経済新報社 
協賛
野村不動産株式会社 
協力
 
連携コミュニティ
 
後援
 
備考  

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

藤野 直明
株式会社野村総合研究所
産業ITイノベーション事業本部 主席研究員 
【プロフィール】
行政(経済産業省、財務省、総務省他)へのシンクタンク・政策研究等業務に加え、幅広く多数の
民間企業のコンサルティングに従事。流通業に対して数年前から、「経営戦略としてのオムニチャネル・
リテイリング戦略」の重要性を指摘してきた。日本小売業協会CIO研究会コーディネーター、
オペレーションズマネジメント&戦略学会理事、日本オペレーションズリサーチ学会フェロー。
東京工業大学サプライチェーン戦略スクール講師。
若島 隆
株式会社丸井グループ 取締役
株式会社ムービング 取締役社長 
【プロフィール】
「オムニチャネル」がメディアに登場する以前から、丸井グループでは、店舗・WEB・カードの「三位一体」
戦略を掲げ、リアル/WEB/顧客を統合運用する革新に取組んできた。特に、物流機能高度化に関し、
店舗在庫とEコマース在庫の一体運用、売場とECの連携、ECオペレーションと物流業務の連結など、
現在の取組み内容や受託事業についてご紹介させて頂きたい。
秋葉 淳一
株式会社フレームワークス 代表取締役社長
モノプラス株式会社 代表取締役社長 
SCSホールディングス株式会社 代表取締役社長
日本ロジスティクスシステム協会 能力開発委員
日本ロジスティクスシステム協会 専門委員
流通経済大学 客員講師
【プロフィール】
2005年8月、株式会社フレームワークスに入社。ロジスティクスコンサルタントとしてロジスティクスの構築や
改善、WMS(倉庫管理システム)の導入に従事し、ロジスティクスの重要性を多くの人に伝えることを
使命と感じている。情報システムは、人が考え、人が創り、人が使うもの、だから現場業務を理解したうえで、
俯瞰した目線で戦略的に使いこなすことが顧客サービスに繋がると信じて邁進中。
山田 譲二
野村不動産株式会社 
物流施設事業部長 
【プロフィール】
1992 年入社後、オフィスビル営業、オフィスビル開発部門を経て2005年より物流施設の開発、
運営事業に従事。「Landport」ブランドで高機能型大規模物流センターを首都圏、関西圏、中部圏、
九州圏で展開。今後は荷主業種毎の物流改善をテーマに新機能の拡充に注力。

お問合わせ

東洋経済新報社 フォーラム事務局 
03-3246-5599 
masao-tanabe@toyokeizai.co.jp
東京都中央区日本橋本石町1−2−1