セミナーインフォメーション

メディカル物流最前線

医薬品、医療機器メーカーが挑むオペレーション改革の今

【企画趣旨】
 
 日本を含めて、高齢化が進む先進国では、膨らむ医療費支出の抑制が共通した課題です。一方、インドなど平均寿命の伸長や都市化が見られる新興国では、国全域に医療サービスを充足することが課題となっています。これらの課題解決に向けてヘルスケア分野においてIT活用が進んでおり、この動きは治療から予防医療への重点シフト、院内で提供されているヘルスケアサービスの院外(在宅)提供、遠隔医療などヘルスケア産業の構造を大きく変化させる可能性があります。

 本セミナーでは、まず世界のヘルスケア産業に大きな影響力を持つ米国ヘルスケア産業の構造変化を紹介します。さらには医薬品メーカー、医療機器メーカー、メディカル物流企業での取り組みについて、キーパーソンの方より講演いただき、進化するサプライチェーン・メディカル物流のイメージを共有できればと存じます。参加者様のオペレーション戦略高度化について参考となれば幸いです。

開催内容

内容 【プログラム】

13:30〜13:40 開会の挨拶

13:40〜14:20 基調講演
  「米国ヘルスケア産業の構造変化と医療機器業界への影響」

  《講演概要》
  世界の医療機器ビジネスにおける米国市場の影響力は大きい。オバマ政権下で進められてきたヘルス
  ケア改革によって、ヘルスケア産業の構造が大きく変化している。この変化が医療機器ビジネスにどのよ
  うに作用するかについて考察する。

  株式会社野村総合研究所
  グローバル製造業コンサルティング部 副主任コンサルタント
  中原 美恵氏

14:20〜15:10 特別講演
  「アストラゼネカの中・長期成長計画に連動したサプライチェーンの変革」

  《講演概要》
  アストラゼネカの日本法人は2012年の国内12位から昨年第3四半期には7位に成長。
  グローバルレベルでパイプラインが近年急速に拡充しており、日本でも2020年までに
  毎年新製品を少なくとも2つ発売予定である。今後発売される新製品に備え、2014年から
  米原工場の拡張工事に着手。物流の量のみならず、今後増加する抗がん剤・バイオなどの
  多様なスペシャリティー製品に合わせ、ITを駆使した設備やサプライチェーンの拡充を進めるなど、
  自社の成長に合わせた変革を実行している。
                                 
  アストラゼネカ株式会社
  執行役員 オペレーション本部長 松丸 央也氏

15:10〜15:25 ショートプレゼンテーション
  「野村不動産のメディカル物流センターへの取り組み」

  《講演概要》
  物流機能、雇用環境、環境に配慮した野村不動産が開発するLandportの1号案件が竣工を
  迎えた。更なる成長のステージに向け、特定荷主を想定したマルチ型物流センターの取り組みにつ
  いてご紹介させていただきます。

  野村不動産株式会社
  都市開発事業本部 物流施設事業部 稲葉 英毅 氏

15:25〜15:40 休憩

15:40〜16:25 事例講演
  「二極化する医療業界に物流をどう対応させていくか」

  《講演概要》
  ジェネリック薬品や薬価改定により低価格化が進む一方、再生医療品や高度治療薬など高度化の動
  きが顕著になってきました。このような変化にどのように物流を対応させていくか、私たちの取組みについ
  て発表させて頂きます。

  鴻池運輸株式会社
  執行役員 メディカル事業本部 本部長 天野 実氏

16:25〜17:10 特別講演
  「収益性の向上に貢献するサプライチェーン改革」

  《講演概要》
  自社物流センター内に生産から物流まで一気通貫の仕組みを構築し、収益性および効率性を高める
  とともに、環境にも配慮したシスメックスのサプライチェーン改革の取り組みを紹介する。

  シスメックス株式会社
  執行役員 SCM本部長 長尾 博司氏 
日時 2016年3月18日(金) 13:30〜17:10 (13:00 受付開始)  
会場

東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅(A9出口直結)徒歩1分
JR総武本線「新日本橋」駅(2番出口)徒歩3分
参加費 無料(事前登録制) ※本フォーラムは参加対象者を限定しております。協賛企業の競合社の方、個人のお客様、対象外のお客様のご参加はお断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。 
定員 100名 
対象 医薬品・医療機器メーカー及び卸、薬局、病院などにて物流拠点整備、物流改善を検討している企業の経営者、経営企画部門、物流企画部門のご担当者様など 
主催
 
共催
株式会社野村総合研究所、株式会社東洋経済新報社 
協賛
野村不動産株式会社 
協力
 
連携コミュニティ
 
後援
 
備考  

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

中原 美恵
株式会社野村総合研究所
グローバル製造業コンサルティング部 副主任コンサルタント 
野村総合研究所グローバル製造業コンサルティング部に所属。医療・ヘルスケア、化学、
精密機械分野に関わるメーカーのお客様の「事業戦略」、「新規事業開発・R&D戦略策定」、
官公庁のお客様の「政策立案・実行支援」のプロジェクトに従事している。主なプロジェクトは
業界構造変化のシナリオと提携戦略策定、先端技術に基づくR&D戦略策定、新規事業戦略の
策定と実行支援。
松丸 央也
アストラゼネカ株式会社
執行役員 オペレーション本部長 
1989年 慶応義塾大学法学部卒。2015年よりアストラゼネカ(株)のオペレーション本部長。
GEプラスチックス(株)、グラクス・スミスクライン(株)を経て、ヤンセン・ファーマ(株)に勤務。
製造と需要及び供給の分野で経験を構築し、日本およびグローバルで医薬品供給の戦略構築から
実行まで、20年以上にわたりサプライチェーン管理全般をリード。前職では、グローバルの方針・動きと
連動した国内サプライプロセスと組織を構築した。
稲葉 英毅
野村不動産株式会社
都市開発事業本部 物流施設事業部 
天野 実
鴻池運輸株式会社
執行役員 メディカル事業本部本部長 
昭和58年 東京商船大学商船学部卒後、鴻池運輸株式会社入社。平成7年 新規事業を立案、
医療関連の新会社(現在の鴻池メディカル)設立に参画。平成22年 本社開発業務部長を経て、
現在 メディカル事業本部 本部長(執行役員)、Carna Medical Database Pvt. Ltd. 代表取締役社長。
長尾 博司
シスメックス株式会社
執行役員 SCM本部長 
1993年東亞医用電子株式会社(現シスメックス株式会社)入社。経営企画部長、情報システム部長、
人事部長を歴任。2007年経営企画本部長。2011年SCM本部長に就任。2013年執行役員SCM本部長。
ロジスティクスおよび調達機能を統括し、グローバルなサプライチェーン改革を推進中。

お問合わせ

東洋経済新報社 フォーラム事務局 
03-3246-5599 
masao-tanabe@toyokeizai.co.jp
東京都中央区日本橋本石町1−2−1