セミナーインフォメーション

サイバーセキュリティフォーラム大阪 2017

〜サイバーセキュリティ対策の現状と未来〜

企業や政府を対象にしたサイバー攻撃がグローバル規模で広がりを見せています。本フォーラムでは、こうした「世界レベルのセキュリティオペレーションとリスクマネジメント」に焦点を当て、急増するサイバー攻撃の実態とその対策、経営者、コンプライアンス部門、監査部門が取り組むべきリスクマネジメントの実務についてサイバーセキュリティ対策の最前線で活躍されている方をお招きし、サイバーセキュリティ対策の現状と今後の動向などについて考察していきます。

開催内容

内容

 13:30〜13:35 ご挨拶

   デジタルアーツ株式会社 営業部 関西営業所 所長代理 原田 雅夫
          

 13:35〜14:05 基調講演   「デジタルアーツの目指す方向性について」

昨今、サイバー攻撃や、従業員の不正による情報漏洩インシデントが多発しています。デジタルアーツではそうしたインシデントについて、ウイルス攻撃などの外部からの攻撃や、内部に潜む脅威へ立ち向かう製品開発を行っています。本セッションでは弊社取締役CTO高橋から、弊社の考える本当に守るべきものを解説し、目指すべき方向性をご紹介いたします。

   デジタルアーツ株式会社 取締役CTO 高橋 則行
          

 14:05〜14:45 特別講演1   「サイバー攻撃から組織を守るためにやるべきこと」

サイバーセキュリティ基本法施行後、行政機関にはサイバーセキュリティの確保が強く求められていますが、一方で、サイバー攻撃への対応に苦慮する組織も多く見受けられます。有名人の謝罪会見の成否がその方の評判を左右したように、サイバー攻撃を受けた組織も事後対応で評価が決まります。多くのサイバー攻撃の事件から学ぶべきポイントについて解説します。

   株式会社ラック サイバー・グリッド研究所長 兼 チーフエバンジェリスト
   川口 洋 氏


 14:45〜14:55 休憩

 14:55〜15:35 事例講演   「漏洩させないファイル共有の法則」
   〜弊社が手がけた事例から学ぶ大手企業のファイルセキュリティ〜

株式会社アイセルは、数多くの大手企業様のファイル管理に関わるシステムの構築を長年手がけてきました。これまでは、お客様のファイル共有に対する視点・思考は社内・社外とのやり取りをいかに効率よくするかに比重がおかれていましたが、最近の傾向は情報漏洩につながるセキュリティリスクをいかにゼロにするかという視点・思考に変化してきています。そのようなお客様の視点・思考の変化に伴うファイル管理・保管・共有・セキュリティなど弊社が提案・構築したシステムをお話いたします。

   株式会社アイセル エンタープライズソリューション事業部 プロジェクト推進部部長
   大野 武 氏

          

 15:35〜16:25 特別講演2   「サイバー攻撃対処において繰り返される失敗」

ここ数年、官民挙げて様々なセキュリティ対策が推進されているが、サイバー攻撃による被害は増加及び拡大の一途をたどっている。この背景には、被害組織における特有の諸事情(特定部門の既得権益堅持や暗黙的に継承される過去の遺物への配慮等)により、理想と大きく掛け離れたサイバー攻撃対処の「現実」がある。そこで、現場で繰り返されている攻撃対処の失敗事例を眺めながら、実効性のある対処の実現方法について説明します。

   サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官
   名和 利男 氏


 16:30〜17:30 情報交換会

ご来場の皆様で、情報セキュリティの課題や、リスクマネジメントのあり方、今後の動向について情報交換の場をご用意しております。皆様ふるってご参加ください。

 
日時 2017年1月19日(木)13:30〜17:30 (13:00開場)  
会場
531-0076 大阪府 大阪市北区大淀中1-1-20 新梅田シティ内
【電車】 
■ JR『大阪駅』より徒歩7分
■ 阪急『梅田駅』より徒歩9分/ ■ 地下鉄御堂筋線『梅田駅』より徒歩9分

【シャトルバス】
JR大阪駅の西側、桜橋口改札横の高架下からウェスティンホテル専用シャトルバスが
ご利用いただけます。(約15分間隔にて発車/所要時間5〜10分/バスの定員:33名)
参加費 無料(事前申込制) 
定員 50名 
※お申込多数の場合は抽選となります。また、対象外のお客様のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承下さい。 
対象 経営者、CIO、IT関連部門、経営企画部門の部門長など
※対象外のお客様のお申込はお断りさせていただく場合がございます。 
主催
デジタルアーツ株式会社 
共催
 
協賛
 
協力
東洋経済新報社 
連携コミュニティ
 
後援
 
備考  

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

高橋 則行
デジタルアーツ株式会社
 取締役CTO
【プロフィール】
1998年東京工業大学卒。大学在学中からデジタルアーツでアルバイトとして働き、
フィルタリングソフトの開発に取り組む。卒業後は同社に入社し、開発部長、
CTO(最高技術責任者)として、Webフィルタリングソフト「i-FILTER」、メール
セキュリティソフト「m-FILTER」を開発。サポートを含めた体制づくりにも携わ
ってきた。
川口 洋 氏
株式会社ラック
 サイバー・グリッド研究所長 兼 チーフエバンジェリスト
【プロフィール】
2002年ラック入社、JSOCのセキュリティアナリストとして活躍。2013年4月、内閣サイバ
ーセキュリティセンター内閣参事官補佐として着任、政府のサイバーセキュリティ対策
業務に従事する。現在はサイバーグリッド研究所長として、各種講演や啓発活動を通して
安全なITインフラの実現を目指して奮闘中。
大野 武 氏
株式会社アイセル
エンタープライズソリューション事業部 プロジェクト推進部 部長
【プロフィール】
1999年株式会社アイセルに入社。SEを経て2006年よりコンテンツ管理システムの構築
プロジェクトを中心にプロジェクトマネージャーとして従事。プロジェクトを実行す
る傍ら部門や会社組織の運営にも参加。14年より現職。ビジネスの創生や新規プロジ
ェクトを推進する立場を務める。現在はファイル共有とセキュリティをキーワードと
したシステム提案に注力中。
名和 利男 氏
サイバーディフェンス研究所
 専務理事/上級分析官
【プロフィール】
サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官。航空自衛隊において、信務暗号
・通信業務/在日米空軍との連絡調整業務/防空指揮システム等のセキュリティ担当
(プログラム幹部)業務に従事。その後、国内ベンチャー企業のセキュリティ担当兼
教育本部マネージャー、JPCERTコーディネーションセンター 早期警戒グループのリー
ダを経て、現職。専門分野であるインシデントハンドリングの経験と実績を活かして、
CSIRT(Computer Security Incident Response Team)構築及び、サイバー演習(机上
演習、機能演習等)の国内第一人者として、支援サービスを提供している。現在、
サイバー脅威インテリジェンス関連情報の提供に力を入れている。
現在、複数の役職を兼務している。

お問合わせ

東洋経済新報社フォーラム事務局 
03-3246-5599 
corporate@toyokeizai.co.jp
東京都中央区日本橋本石町1-2-1