セミナーインフォメーション

企業の競争力を高めるダイバーシティ経営

東洋経済 経営戦略フォーラム

【開催趣旨】
経済のグローバル化や少子高齢化が進む中、日本企業が世界の中で競争力を高めていくには、性別や国籍、年齢の違い等に囚われず、それぞれの力を最大限に活用し企業価値を高めていく必要があります。こうしたダイバーシティへの取り組みは企業にとって欠かせないものとなっています。今後さらに社会の持続的発展に寄与し、イノベーションを創造するためには、何が求められているのでしょうか。東洋経済新報社では、今回「ダイバーシティ経営」をテーマに先進的な企業の取り組みや有識者のご講演などを通じ、ダイバーシティが企業にもたらす効果や取り組む意味を参加者の皆様と考察いたします。

開催内容

内容 【プログラム】
13:30〜14:20 基調講演(50分)
         「ダイバーシティを競争力に!
         〜これからの時代に求められる「創造的組織」の実現に向けて〜」


         株式会社イースクエア共同創業者
         リーダーシップ・アカデミーTACL代表 / NELIS共同代表
         ピーター D.ピーダーセン氏


14:20〜15:00 事例講演1(40分)
         「日本マイクロソフトの働き方改革の進化と社内カルチャーとしてのD&Iの推進」

         
         ■ 働き方改革推進会社としての取り組みと成果
         ■ 第二章へ:「働き方を改革」から「働き方で改革」への進化
         ■ 社内カルチャーとしてのダイバーシティー&インクルージョン

         日本マイクロソフト株式会社
         コーポレートコミュニケーション本部 本部長
         岡部 一志氏


15:10〜15:50 事例講演2(40分)
         「ANAグループのグローバル展開を支える経営戦略としてのD&I推進」

         
         ■ ANAグループの経営理念と経営ビジョン
         ■ ANAグループが目指すD&I(D&Iの歩みと行動化)

         全日本空輸株式会社
         取締役執行役員
         國分 裕之氏


15:50〜16:30 事例講演3(40分)
         「カルビーグループのダイバーシティはやめられない、とまらない。」


         ■ カルビーのダイバーシティ推進活動について
         ■ ダイバーシティ推進を支える働き方改革について
         
         カルビー株式会社
         人事総務本部 ダイバーシティ委員会 委員長
         新谷 英子氏


16:40〜17:40 パネルディスカッション(60分)
         
         <パネリスト>
         日本マイクロソフト株式会社 岡部 一志氏
         全日本空輸株式会社 國分 裕之 氏
         カルビー株式会社 新谷 英子 氏

         <モデレーター>
         東洋経済新報社 『CSR企業総覧』編集長 岸本 吉浩


17:40 終了 
日時 2017年9月26日(火)13:30〜17:40 (受付開始:13:00)  
会場
103-8345 東京都 中央区日本橋本石町1-2-1 東洋経済ビル
半蔵門線「三越前駅」B3出口から徒歩0分
銀座線「三越前駅」A3出口または「日本橋駅」A1出口から徒歩3分
東西線「日本橋駅」A1出口から徒歩3分
JR「東京駅」日本橋口から徒歩5分
参加費 10,800円(消費税込み) 
定員 100名 
対象 企業の経営者、ダイバーシティ担当者、広報・経営企画・人事部門担当役員、担当者の方など 
主催
東洋経済新報社 
共催
 
協賛
 
協力
 
後援
 
備考  

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

ピーター D. ピーダーセン氏
株式会社イースクエア共同創業者
一般社団法人NELIS代表理事/リーダーシップアカデミーTACL代表 

1967年デンマーク生まれ、コペンハーゲン大学文化人類学部卒業。日本在住26年。95年〜98年、東京に
て中小企業向けの経営セミナー・国際シンポジウム開催に従事。マーガレット・サッチャー、ヘンリー
・キッシンジャー、ピーター・ドラッカー、アルヴィン・トフラー、レスー・サローなど政財界の著名
人を日本に招聘し、多くの世界的有識者の書籍のライティングも行う。2000年から11年まで、CSR・環
境コンサルティングを手掛ける螢ぁ璽好エアの代表取締役社長を務める。日本を代表する大手企業の
事業・環境・CSR戦略、コミュニケーション・マーケティング調査、人材育成などに携わる。02年に、
LOHAS(健康と環境を志向するライフスタイル)を米国より日本に紹介し、日本初のLOHASマーケティン
グ調査を複数年実施。11年に、同社の共同創業者に就任。15年に、リーダーシップアカデミーTACL代表
に就任、「マネジメント・イノベーション」の研修事業を手掛ける。同年、世界の若手リーダー育成を
活動テーマとする一般社団法人NELIS代表理事に就任、現在に至る。著書に「レジリエント・カンパニ
ー」(東洋経済新報社、2015)、「第5の競争軸」(朝日新聞出版、2009)、「LOHASに暮らす」(ビジ
ネス社、2006)などがある。
岡部 一志氏
日本マイクロソフト株式会社
コーポレートコミュニケーション本部本部長 

1991年3月 慶應義塾大学卒業、同年4月 横河・ヒューレット・パッカード株式会社(現 日本ヒューレ
ット・パッカード)入社 広報室 配属、99年11月 マイクロソフト株式会社(現 日本マイクロソフト
)入社広報グループ 配属、2000年7月 広報グループ長、05年7月 広報部長、10年7月コーポレートコミ
ュニケーション部長、16年9月 コーポレートコミュニケーション本部長。働き方改革推進のプロジェク
トチームコアメンバー。
國分 裕之氏
全日本空輸株式会社
取締役執行役員 

1982年3月東京大学経済学部卒業、同年4月に全日本空輸株式会社に入社。2012年人事部長、ANA人財大
学長、13年執行役員 人事部長 兼 ANA人財大学長、15年上席執行役員 人事部長 兼 ANA人財大学長、
16年取締役執行役員 人財戦略室長 兼 ANA人財大学長。17年4月より現職。
新谷 英子氏
カルビー株式会社
人事総務本部 ダイバーシティ委員会 委員長 

カルビー株式会社入社後、管理会計を中心とした業務、CSRなどを行う。2009年から約1年間産休・育休
取得。13年東日本事業本部 人財開発課課長。16年より現職。11年から13年まで兼務でダイバーシティ
委員会キャリア支援部会で活動を行う。産業カウンセラー、キャリア・カウンセラー(JCDA認定CDA)
岸本 吉浩
東洋経済『CSR企業総覧』編集長
 
1996年東洋経済新報社入社。各種企業調査に関わる。現在は『CSR企業総覧』編集長として、CSR調査、
各種企業評価を担当。著書に『週1回株スクリーニングで資産10倍をめざす本』、『実証会計学で考
える企業価値と株価』、『指標とランキングでわかる! 本当のホワイト企業の見つけ方』(共著含む)、
ほか関連電子書籍など。

お問合わせ

東洋経済新報社 フォーラム事務局 
03-3246-5599 
corporate@toyokeizai.co.jp
東京都中央区日本橋本石町1−2−1