セミナーインフォメーション

【企画概要】
昨年に引き続きコロナ禍に振り回された2021年ももうすぐ終わろうとしています。
2020年からの約2年、半ば強制的な在宅勤務やデジタル化が進んだことで、働き方も大きく変わりました。これまでできているつもりだった自分の能力開発やマネジメントが実はできてないことが分かったり、自分の職場や職種が新しい働き方に対応できていなかったり、働き方の変化と自分自身の立ち位置のギャップに衝撃を受けた方も多くいたのではないでしょうか。
キャリアアップだけではない、「人生100年時代」の今後の生き方や働き方を含めて年末年始に考えてみませんか?

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
内容 ◇プログラム◇

1、「キャリア」の概論とトレンド

2、これからのキャリアの考えかた

3、今からできること、取り入れるべきこと

4、Q&A(皆様からの質問にお答えします)

5、クロージング・総括

※プログラム内容につきましては変更になる場合がございますので、予めご了承ください。


<GUEST>
法政大学キャリアデザイン学部教授
 武石 恵美子 氏


LinkedIn(リンクトイン)日本代表 
 村上 臣 氏


<Facilitator>
東洋経済新報社 ブランドスタジオ・メディア営業部
 尾登 雄平
日時 2021年12月15日(水)14:00〜15:30  
会場

参加費 無料(事前登録制)
定員
対象 企業・団体のPR、ダイレクトマーケ、広報・宣伝、マーケティングのご担当者様など
主催
東洋経済新報社 
共催
 
協賛
 
協力
 
後援
 
連携コミュニティ
 
備考 当講座は「YouTube Live」にて配信をいたします。
お申し込みの方には視聴リンク(URL)をお知らせいたします。
視聴リンク(URL)をクリックして、接続をお願いいたします。
事前にアカウントなどのご登録・設定手続きは不要です。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

武石恵美子

法政大学キャリアデザイン学部 教授
<プロフィール>
筑波大学第二学群人間学類卒業後、労働省(現 厚生労働省)、ニッセイ基礎研究所、
東京大学社会科学研究所助教授等を経て、2006年4月より法政大学。2001年お茶の水女子大学
大学院人間文化研究科博士課程修了。博士(社会科学)。
主な著書に、『男性の育児休業』(共著、中公新書)、『雇用システムと女性のキャリア』(勁草書房)、
『女性の働きかた』(編著、ミネルヴァ書房)、『職場のワーク・ライフ・バランス』(共著、日経文庫)、
『国際比較の視点から日本のワーク・ライフ・バランスを考える』(編著、ミネルヴァ書房)、
『ワーク・ライフ・バランス支援の課題』(共編著、東京大学出版会)、『キャリア開発論』(中央経済社)、
『ダイバーシティ経営と人材活用』(共編著、東京大学出版会)、『女性のキャリア支援』(共編著、中央経済社)
など多数。その他、厚生労働省「労働政策審議会委員」「労働政策審議会 雇用環境・均等分科会委員」
「労働政策審議会 人材開発分科会長」等の公職を務める。

村上 臣

LinkedIn(リンクトイン) 日本代表
<プロフィール>
青山学院大学理工学部物理学科卒業。在学中に仲間とともに有限会社「電脳隊」を設立。
2000年8月、株式会社ピー・アイ・エムとヤフー株式会社の合併に伴いヤフー株式会社入社。
2011年に一度退職した後、再び2012年4月からヤフーの執行役員兼CMOとして、モバイル事業の企画戦略を担当。
2017年11月に約8億人が利用するビジネス特化型ネットワークのリンクトイン(LinkedIn)日本代表に就任。
複数のスタートアップの戦略・技術顧問も務める。

尾登雄平

東洋経済新報社 メディア営業部
<プロフィール>
2008年より大手WEB制作会社にてプロデューサーとして、企業のキャンペーンや
コーポレートサイトの制作・運用を担当する。広告代理店で自動車会社のWEBサイト運用、
WEB戦略立案、システム開発などに従事。2017年より東洋経済新報社にて、記事広告やパートナーメディアの
プランニングやプロジェクトマネジメントを担当。

お問合わせ

東洋経済新報社 ブランドスタジオ
E-mail:bs-event@toyokeizai.co.jp