セミナーインフォメーション

わが国製造業のオペレーション(業務)課題は、国内での高水準のオペレーションを、いかにして「グローバルな規模で展開・実現していくのか」にあると考えられます。同じ悩みをもつドイツではインダストリー4.0 という産業政策が推進されています。

本フォーラムでは、まずわが国企業の物流を取り巻く課題解決のヒントとして第4次産業革命時代の物流プラットフォームの最新動向に触れた後、次にグローバル製造業を支えるパーツセンターで
起きている変革例を紹介します。続いて物流施設およびマテハン・物流ソリューションにおけるオペレーションの革新方向を共有します。フォーラム参加企業様のオペレーション戦略高度化について参考となれば幸いです。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
内容 【プログラム】

13:30〜13:35 開会の挨拶
  
  野村不動産株式会社
  執行役員 都市創造事業本部 物流事業部担当
  山田 譲二氏

13:35〜13:50 イントロダクション
  「物流プラットフォームの新たな動き」
  
  株式会社野村総合研究所
  主席研究員
  藤野 直明氏

13:50〜14:40 特別講演
  「お客様の車両稼働を支える補給部品センターの刷新」

  日野自動車株式会社
  参与 ものづくり本部 生産物流・補給物流領域 領域長
  山根 良和氏

14:40〜15:30 特別講演
  「Eコマースの急成長によるロジスティクス改革」

  株式会社MonotaRO
  執行役 物流部門長
  吉野 宏樹氏

15:30〜15:45 休憩

15:45〜16:25 事例講演
  「パーツセンターの自動化・省人化」
  株式会社豊田自動織機
  トヨタL&Fカンパニー 物流エンジニアリング部 エンジニアリング室長
  熊倉 孝氏

  Vanderlande Industries B.V.
  Executive Manager
  Durand Rekko氏も登壇

16:25〜17:00 事例講演
  「野村不動産が考える顧客の「+α」ニーズを汲みる
     “カテゴリーマルチ型”施設の展開について」

  野村不動産株式会社
  都市創造事業本部 物流事業部長
  鈴木 宏昌氏
日時 2019年5月28日(火) 13:30〜17:00 (13:00 受付開始)  
会場
東京都 中央区日本橋室町2丁目4番3号 日本橋室町野村ビル5F
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅(A9出口直結)徒歩1分
JR総武本線「新日本橋」駅 徒歩3分(駅地下道よりお越しいただけます)
参加費 無料(事前登録制) ※本フォーラムは参加対象者を限定しております。対象外の方のご参加はお断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。
定員 150名
対象 製造業、製造卸売業にお勤めの物流部門、EC部門、 サプライチェーン部門、経営企画部門などの部門長、ご担当者様など
主催
株式会社東洋経済新報社  
共催
 
協賛
野村不動産株式会社 
協力
 
後援
 
連携コミュニティ
 
備考
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

東洋経済新報社 フォーラム事務局
03-3246-5599
お問合せ先E-mail corporate@toyokeizai.co.jp
東京都中央区日本橋本石町1-2-1