セミナーインフォメーション

建設業における「働き方改革」の推進と「生産性向上」の実現が急務となっています。
建設業は本年4月に施行された「働き方改革法案」の残業上限規制の適用除外ですが、2024年4月からは法適用が開始されるため、建設業界においても働き方改革、生産性の向上への対応は喫緊の課題となっています。

 建設産業は今後も、インフラや住宅等の整備や今後の老朽化への対応、さらには災害時の応急復旧など国民生活の安全・安心を支えるとともに、都市再生や地域活性化に資する施設整備など経済成長に貢献する重要な役割を継続的に担っていく必要があります。

 一方で、全産業的に生産年齢人口の減少が進む中、「雇用の受け皿」として建設産業が個々の企業の取り組みだけで担い手を十分に確保できていた時代はすでに終焉いたしました。
 産業全体の平均と比べると建設業は長時間労働の割合が高く、日本の産業全般で働き方改革が浸透する中、将来の担い手確保が難しくなってきています。
 こうした近い将来訪れる危機を正面から見据え、国土交通省は「働き方改革加速化プログラム」を定め、「人事制度の見直し」「長時間労働の是正」「生産性向上」への取り組みを強化しています。

 そこで本カンファレンスでは、8月に開催をいたしました「建設業界シリーズ」の第二弾として、開催地域を拡大し、建設現場における「働き方改革」の進め方、ITサービスを活用した「生産性の向上」、現場力の維持などについて、専門家の講演や実際に働き方改革を推進されている企業の事例などを交えながら検証します。

内容 【プログラム】

14:00〜14:05 開会の挨拶
  
  Dropbox Japan 株式会社

14:05〜14:55 基調講演 ※全会場共通
  「日本の建設産業の近年の潮流のいくつかと何をなすべきか」
  
  日本の建設産業の近年の潮流には、〃設産業の生産性向上、
  技能労働者/基幹技能者の確保・育成、H注契約方式の多様化、
  ど兵然諒歸がある。その潮流の中で、何をなすべきかを、
  「stepby stepとskip by skip」ならびに「制度的世襲を直す」の2つの視点から検討する。
  
  立命館大学 OIC 総合研究機構
  客員教授
  古阪 秀三氏

14:55〜15:35 課題解決
  「建設現場の生産性は「情報共有」でここまで向上できる!
      〜 実践例に見る、様々な現場のBefore/After 〜」


  多くの建設現場でIT化が進んでいますが、一方で現場で発生する「情報共有」に関わる手間
  を取り除くことで生産性を大きく向上できることは意外と知られていないのでしょうか。働
  き方改革の適用が建設業界にも迫っている今、多くの建設業のお客様に Dropbox Business
  を高くご評価いただいております。本セッションでは、Dropbox Businessを導入することで、
  どのように生産性が向上したのか、弊社のお客様の複数の実践例をご紹介いたします。

  ≪名古屋・大阪会場≫
  Dropbox Japan株式会社
  西日本営業部 部長 龍村 洋一 氏

  ≪東京会場≫
  Dropbox Japan 株式会社
  インダストリー リーダー 戸田 麻弥 氏

15:35〜15:45 休憩

15:45〜16:15 パートナーセッション ※全会場共通
  「建設業向けDropbox連携ソリューションのご紹介」

  電子黒板やCAD、図面管理など建設業のお客様特有のさまざまな業務ニーズに応えている
  Dropboxのアライアンスパートナー様のソリューションがあります。
  本セッションではこれらのソリューションとDropboxを連携して実現した建設現場の
  生産性向上について事例を交えてご紹介いたします。

  Dropbox Japan 株式会社
  ビジネスディベロップメントリード 佐野 健氏

16:15〜16:45 事例講演
  建設業界のお客様による事例講演を予定

  株式会社レゴリス

  ≪大阪会場≫淺沼組
日時 【名古屋会場】10月28日(月) 【大阪会場】10月30日(水) 【東京会場】10月31日(木)
各会場共通 14:00〜16:45(13:30開場)  
会場

参加費 無料(事前登録制)
定員
対象 建設業界にお勤めで建設現場の生産性向上に解決策をご検討の部門長・役員の方、並びにご担当者様
主催
東洋経済新報社 
共催
 
協賛
Dropbox Japan 株式会社 
協力
 
後援
 
連携コミュニティ
 
備考

古阪秀三

立命館大学
OIC 総合研究機構客員教授
【プロフィール】
京都大学工学部建築学科卒業後、清水建設株式会社を経て1976年より京都大学工学部助手、同大学准教授、
教授を歴任。博士(工学)。2001年、日本コンストラクション・マネジメント協会の立ち上げに携わり、
2001年〜05年まで会長職。2005年〜13年、建設産業専門団体連合会理事、2007年〜09年、
日本建築学会建築経済委員長。現在、立命館大学客員教授。国土交通省・中央建築士審査委員会・委員(2010〜)、
建築コスト管理システム研究所評議員(2008〜)、生労働省・京都労働局公共調達監視委員会委員長(2007〜)
など幅広く兼職を務めている。日本建築学会賞(論文),1999年5月など受賞歴も豊富。

戸田麻弥

Dropbox Japan 株式会社
インダストリー リーダー
【プロフィール】
芝浦工業大学材料工学科卒業
法人向けのIT製品(パッケージソフトおよびクラウドサービス)の営業職に13年従事。
企業内のコミュニケーション基盤を提供していた前職では、製造・流通・金融など国内主要産業を担当。
お客様の成功を目的に、組織レベルでの業務改革を念頭に置いた提案を武器に10年以上連続で
トップセールスとして日本のコミュニケーション改革を牽引。2018年8月より現職、現在は建設業を中心に
情報共有革命を推進、生産性を高めるための働き方改革を多くのお客様と実践中。

佐野健

Dropbox Japan 株式会社
ビジネスディベロップメントリード
【プロフィール】
慶應義塾大学総合政策学部卒業。青山学院大学院国際マネジメント研究科修了。
2000年富士通にシステムエンジニアとして入社。2004年にマイクロソフトに入社し、
インダストリーマネージャーとして小売業を担当。その後、OEM営業部門でのアカウントマネージャーを経て、
2014年よりシニアビジネスディベロップメントマネージャーとしてBingの日本と韓国のビジネスを担当。
2016年にオンライン決済のペイパルに移り、シニアパートナーシップマネージャーとしてビジネス開発に従事。
2019年よりDropboxで現職、アライアンスやパートナーシップを担当。

お問合わせ

東洋経済新報社 シリーズ働き方改革事務局
03-3246-5599
corporate@toyokeizai.co.jp