セミナーインフォメーション

勤務先の情報共有システムに約7割が「不便」と感じている
メディア業界では、4K、5Gなどのテクノロジーの進化に伴い、作り手側にも業務改革が迫られています。
大容量ファイルの送受信、編集作業、入稿作業など、情報共有にストレスを感じることなくスピーディーに業務を進めることが、コンテンツの質、生産性を高めるカギとなってきます。

本カンファレンスでは、メディア業界における「脱・無駄時間」について「生産性の向上」「情報コミュニケーション不全の改善による無駄時間の戦力化」の視点から、テクノロジーの進化に連動した業務フローの確立、ITシステムを活用、活用を浸透させるための意識改革について、有識者の講演、事例を交えながらその成果について検証します。

【更新情報】
株式会社テレビ朝日ホールディングスの事例登壇が追加となりました。

内容 【プログラム】

14:00〜14:05 オープニング
         Dropbox Japan株式会社

14:05〜14:50 基調講演
  「メディア業界の環境変化とDX(デジタルトランスフォーメーション)
        の方向性」

  
  ≪講演概要≫
  ITの発達や、ITプラットフォーマにより多くの業界が変革を遂げていますが、メディア
  業界も例外ではありません。本講演では、放送や動画配信を中心にしつつ、他の分野を含
  めたメディア業界全体のマクロ環境とデジタルトレンドについて説明します。そして、業
  界が成長していくために必要となるDXの方向性について提言します。
  
  株式会社野村総合研究所
  ICTメディア・サービス産業コンサルティング部 部長
  三宅 洋一郎 氏

14:50〜15:30 ディスカッション 
  「株式会社ぱど がフリーペーパーの制作でDropbox Businessを採用した理由」および「テレビ朝日 が制作・営業部門で使われるDropbox Businessをどうやって管理しているのか」
  
  株式会社ぱど
  情報システム部 情報システム課
  長谷川 崇氏

  株式会社テレビ朝日ホールディングス
  技術局 技術戦略部 IT戦略担当部長
  安田 元氏
  
  Dropbox Japan株式会社
  インダストリーダー
  千葉 俊輔 氏

15:30〜15:40 休憩

15:40〜16:10 事例講演
  「株式会社ロボットにおけるDropbox Businessの活用事例」

  株式会社ロボット 経営企画本部 経営企画部 高橋 学氏

16:10〜16:50 グローバル事例講演 ※英日同時通訳
  「海外放送局におけるDropbox Businessの最新事例」

  ≪講演概要≫
  メディア業界における急速な革新的変革の享受。受け入れられているか否かが、既存メディア
  の存続に関わっているのではないでしょうか。しかしメディア業界における働き方改革や文
  化の醸成の実情はより複雑です。 このセッションでは放送の制作現場がどのように変革を
  遂げているか、世界のリーディングメディア企業やまだ世に知られていない新興メディア企
  業にフォーカスを当ててそれら企業がどのように業務フローや、モダンなワークスペースを
  再定義しているかを紹介いたします。

  Dropbox UK, Ltd.
  メディア業界 プリンシパル
  アンディ・ウィルソン氏
日時 2019年11月21日(木) 14:00〜16:50 (13:30 受付開始)  
会場
東京都 千代田区丸の内1丁目11−1
パシフィックセンチュリープレイス7階
東京駅八重洲南口 徒歩3分
銀座線「京橋駅」5番出口: 3分
有楽町線「銀座一丁目駅」1番出口: 4分
有楽町線「有楽町駅」D9番出口:4分
丸の内線「東京駅」丸の内南口方面:7分
参加費 無料(事前登録制) ※本フォーラムは参加対象者を限定しております。対象外の方のご参加はお断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。
定員 50名 ※1社2名様までのご参加でお願いいたします。残席わずか
対象 メディア業界(テレビ、新聞、出版、広告代理店など)の情報システム部門、業務改革部門の部門長、ご担当者様 
主催
東洋経済新報社  
共催
 
協賛
Dropbox Japan 株式会社 
協力
 
後援
 
連携コミュニティ
 
備考

三宅洋一郎

株式会社野村総合研究所
ICTメディア・サービス産業コンサルティング部部長
【プロフィール】
情報通信業界における事業戦略立案、オペレーション改革、マーケティング戦略立案などの
調査・コンサルティング業務に従事。特に、放送、コンテンツ配信・映画・パッケージソフト、新聞を
中心としたコンテンツ・メディア領域を専門としている。主な共著書に、『これから情報・通信市場で
何が起こるのか(2005年版〜2019年版)』、『業界再編Now & Future』など。

千葉俊輔

Dropbox Japan株式会社
インダストリーダー
【プロフィール】
青山学院大学卒業。ストレージおよびセキュリティー業界を中心とした、エンタープライズ企業での
テクノロジー活用支援に加え、国内外の事業会社にてUX(顧客体験)改善プロジェクトに従事するなど
企業における情報技術活用を幅広く支援。Dropbox Japanでは、これまでの経験を活かし製造業や
メディア業界を中心にテクノロジーを活用した、組織単位での生産性向上を推進している。

アンディ・ウィルソン

Dropbox UK, Ltd.
メディア業界 プリンシパル
【プロフィール】
BBC に 17 年以上勤務し、インタラクティブ型テレビ放送サービス Red Button や、放送技術のイノベーション、
初期の BBCiPlayer、プロダクト マネジメントおよびデジタル著作権管理などに携わる。その後、
Digital ProductionPartnership で動画コンテンツと広告配信用の新しい国際規格の開発に従事し、
同社の成長と技術革新を主導した実績を手に、DropboxUK に入社。BBC では、MediaCity UK の
新しいテクノロジーやスタジオをサポートするためのエンジニアリングチームの移転、
BBC New Broadcasting House、2014 年ワールド カップでの BBC R&D による UHD試験放送、
2012 年ロンドン オリンピックでのサポートなどの業務に従事。また、エンジニアリング スキルやデジタルスキルを
育む子ども向けの新しいマイクロ コンピュータ、BBC micro:bit の配信部門リーダーとして、
英国全土で 100万人の子どもたちにコーディングの楽しさを広め、今では世界中で 500 万人以上が micro:bit を利用。
54のパートナー企業とのコラボレーションを進め、この 30 年間で最も意欲的なBBC の教育および
テクノロジーイニシアチブを開発し、実現する。カヤックのコーチでもあり、Battersea Canoe Club
の運営に参加。テムズ川でのパドリングやサーフィンに加えて、Brompton World Championships
の自転車レースにも出場。世界リキシャ レースでの優勝経験がある。

お問合わせ

東洋経済新報社 シリーズ情報共有革命運営事務局
Tel 03-3246-5599
E-mail corporate@toyokeizai.co.jp
東京都中央区日本橋本石町1-2-1